教育

ACADEMICS TOPICS

カリフォルニア大学院大学では次の

学位プログラムを提供しています:

​ 学位申請者は、模範的な人格と神の真理を宣べ伝えることに対して献身、そしてクリスチャンの働きに用いられる者であることを示さなければなりません。。

学位プログラム

第二言語としての英語 (E.S.L.)

B.A.

文学士(神学)

M.A

宗教学修士

M.Div

牧会学修士

D.Min

牧会学博士

 

学科規則

 

学期制度|

 

カリフォルニア神学大学院は学期制で運営されている。単位は学期の時間で計算し、一学期に週150分の授業を行います。1学期9単位やそれ以上はフルタイムとみなされます。

 

​春と秋学期のほか、夏と冬の短期集中授業も提供されています。これらの科目は、長い時間をつくることができない牧会者、クリスチャン学校の教師、教会リーダ、管理行政に従事している人のために作られました。

 

 

移籍単位|

成績証明書は、教授が立てた方針に基づいて、事務担当によって評価される。他の学校で履修した科目は、カリフォルニア大学院と同等の科目として認定されたものに限り、最低「C」以上の単位になければならない。移籍することができる最大の単位は、各単位のご案内をご参考してください。
 

 

​ 学科選択|

カリフォルニア神学大学院に入学する学生は、それぞれ相談者が指定されます。学生は、学業に関連するすべての問題を先に指定されたカウンセラーと相談して、問題が解決されない時には事務担当に言います。必修科目は、一定に受けることができます。選択科目は、学期ごとに交互に選択することができる。どのような科目が次の学期に行われるれるのかは事務所で案内を受けることができます。

 

登録|

登録は毎学期の始める時にしなければならず、登録していない学生は、授業を受けることができません。
 

​​ 受講追加と停止|

学生と相談者が学期の授業を決めてから、後で自由に変えることはできません。学期が始まった後の最初の3週間後には、どんな科目も加えることができない。3週間以内に中断した科目は、学籍簿には記録に残らない。4週間から5週間までに中断した場合は、その科目は「W」に記録される。学生自身がスケジュール変更の理由で受講を追加したり、停止ししようとするときは、公式書類で事務室に申請しなければ受講の追加や中断はできません。

​ 受講取り消し|

学生が学期中間に授業科目を取り消すするには、事務室に受講取り消し嘆願書を提出しなければなりません。提出された嘆願書は、学監が検討した後、学監がサインした日から受講取り消し効力が発生します。授業を無断欠席したのは受講取り消し(withdrawal)とみなされません。事前の承認なしに授業を受けない場合は不合格で処理され、払い戻しもできません。

聴講|

単位なしで受講申請をする場合、登録時に聴講を申請しなければなりません。聴講学生は、試験を受ける必要はなく課題も提出しなくてもよい。聴講した科目は、卒業履修科目に含まれていないため、単位には含まれない。教室での講義のみ聴講することができます。

​ 独自の学習|

M.A、M.Div、D.Min、Th.M、Th.D、Ph.Dの学位を受講する学生は、各学期ごとに一定量の独自の学習単位を申請することができます。各単位ごとにどれだけの単位を申請することができているかは、学位プログラムの説明部分を参照してください。
 

単位制度|

すべての単位は、アルファベット文字で表示され、次の通りである

 

A       4.0 Excellent
A-      3.7

B+     3.3
B       3.00 Good
B-      2.7

C+     2.3
C       2.0 Satisfactory
C-     1.7

D+    1.3
D      1.0 Poor
D-     0.7

F       0.0 Fail  不合格
I        未完成単位
W     ​取り消し単位
AU    聴講

​​ 単位平均(GPA)|学生の単位平均は、その学期に取得した総単位を学期時間で割る。「W」は、単位の平均に含まれていない。

​ 未完成単位(Incomplete)|「I」の単位は、学生がやむを得ない事情(例えば、病気では許されますが、仕事によることにはできない)のため科目を終えることができないとき教授の許可を受けて申請しなければならない。学生は単位締切(学期が終わって2週間以内)以前に未完成単位理由書を事務所に提出しなければなりません。

 

​ 未完成単位が受け入れられた学期から次の学期まで未完成単位のすべての課題が提出しなければならない。もし期限までに補充されない場合、「I」の単位が記録に残ることになります。未完成単位を補う期間が延長される場合は、非常に稀であり、避けられない事情に限ります。
 

 


 単位変更|

すべての単位は、各科目の教授が事務室に提出したものが記録されます。単位が記録されると、特別な場合にのみ、教授もしくは学監が事務担当に変更申請を文書で要求することができます。

 


​ 授業参加|

すべての学生は納得できるような特別な状況を除いて、すべての授業スケジュールに参加しなければなりません。特別な状況は以下の通りである:病気、事故、出産、家族の死、あるいは他の深刻なことなどです。

遅刻3回は一回の欠席とみなされます。すべての学生は例外なくいかなる理由の欠席でも関係なく、80%の出席率を示さなければなりません。出席率が低いと、その科目の期末試験を受けることができません。もし出席率が改善されなければ、担当教授は単位を与えないこともできる。

​ 休学|

学生が一学期以上の授業を受けることができなくなったとき、学監に休学の申請をしなければなりません。休学の申請は、家庭や経済的問題と関連されたときにできる。後で再入学申請をすることなく、再び学業を継続することができます。
 

 

​​ 留年と停学|

平均単位2.0を維持しないと1学期の間留年となり、書面でその事実を通報されます。留年学期が終わってからも、最小限の平均単位を維持していなければ、その学生は学校から停学処分されます。

 

​ やむを得ない事情がある場合には、学生は入学担当に書面で停学を嘆願することができます。委員会で下されたすべての決定は覆されない。嘆願書は、停学処分が下されてた後、5日以内にしなければなりません。嘆願の決定は、早いうちに学生に通知されます。嘆願が拒否された場合、学生は停学処分を受けるようになり、学期の選んだすべての単位は「W」で残され、停学処分は撤回されません。
 

​​

学位授与|

卒業するためには、一定の単位を維持しなければなりません。学位に応じて卒業する前にしなければなら追加要件があります。詳細は各学位の内容に記載されています。学生は、各自の学位に応じて入学時履修しなければならない要求科目をすべて終えなければなりません。すべての卒業予定者は、学位委員会で承認を受けなければなりません。この承認を受けるためには、健全なクリスチャンの人格と、学校の基準を責任を持って遵守しなければなりません。

 

​ 学位を変更させるためには、新しい学位の要求科目を履修しなければなりません。1年以上休学した者は、休学する前に書面の同意書がない限り、休学した当時の卒業要件科目を履修しなければなりません。
 

​ 卒業見込み者|

卒業式に出席したい学生は、卒業申請書を作成してオフィスに提出しなければなりません。卒業したい学生は、春学期が開始されるまで、この申請書を提出しなければなりません。卒業式の前に事務担当は、各卒業見込み者の成績を評価することになります。評価書の写本は、学生と学生のカウンセラー、学監に郵送されます。

​ 支払い義務|

すべての卒業者は卒業する前に学校に支払うべきものはすべてを返済しなければなりません。もし支払いが完了していない場合は、成績証明書、学位証明書、卒業証書、あるいは他の学位の登録などが拒否されます。

 

​ 論文要求事項|

学生は学期が始まるとき、論文のテーマについての意見や考えを提示するのが良い。論文の提出は、入学後2年以内に事務担当に提出しなければなりません。論文が提出されると、研究テーマに応じて相談者が選択されて割り当てられます。論文は出版する価値がなければならず、学生自ら独自の研究を行うことができる能力と神学的問題を建設的に扱うことが必要であります。

 

​5月の卒業に出席したい学生は、5月1日までに論文を終えなければなりません。論文を締め切りまでに完了していなかったが、卒業式に出席したい学生は、論文延期の嘆願書を提出しなければなりません。この場合、学生は同年8月31日までに論文を終えることを示さなければ延期はできません。もし8月31日までに論文を終えることができない場合は、その学生の卒業は翌年5月に移ることになります。


 卒業式|

すべての卒業見込み者は、春学期が終わるときにある卒業式に出席しなければなりません。個人の都合上卒業式に出席できない人は、卒業式に出席せず学位を取得するための公式の要請書を作成して事務担当に提出しなければなりません。

 


学生の記録と成績証明書

​ 学生記録の秘密保障|

カリフォルニア神学大学院は1974年の連邦教育の権利とプライバシー法、それ以下45CFR99の定め、そしてカリフォルニア州教育法67100に基づいて、学生の許可なく学校機関ではない他の所での教育記録を流出しません。

​ 記録アクセス権|

法律で定められている例外を除いて、カリフォルニア大学院神学部の学生は、要請に応じて教育記録を見ることができます。生徒は、アクセス可能なすべての記録の写本を入手することもできます。学生はさらに、確立された手続きの下で、学校記録と自分が持つ記録との間に相違がある場合、記録の訂正を求める権利があります。入学や就職の学生は、推薦状や評価へのアクセス権も持ちます。

​ 成績証明書|

成績証明書は、成績証明申請書と$20を一緒に提出すれば事務担当が発行します。申請者は、学校登録時に使用した氏名、生年月日、社会保障番号、出席日、受領した学位(もしあれば)を明記しなければなりません。カリフォルニア神学大学院での授業料未払い者は成績証明書を発行されません。

OUR MISSION

California Graduate School of Theology exists to bring glory to God through excellence in theological education centered on Christ, faithful to the Scriptures, and rooted in the historical-theological tradition, with the aim of equipping Christian Reformed leaders who serve the church and advance the kingdom of God throughout the world.

  • Facebook - White Circle
CONTACT

714.592.7878  English

 

12761 S Euclid

Garden Grove, CA 92840

 

info@cgsot.edu

ADMINISTRATION EMAILS

Dr. Kang Won Lee, President

kwlee@cgsot.edu

ACADEMIC AFFAIRS

Dr. Seong Hee Lee, Academic Dean
shlee@cgsot.edu

Dr. Joseph LoMusio, D.Min. Director

joelomusio@cgsot.edu

Dr. Brian K. Trott, M.A./M.Div. Director 

admin@cgsot.edu

Dr. Abraham Choi

jhchoi@cgsot.edu

ADMINISTRATION

admin@cgsot.edu

ADMISSIONS

admissions@cgsot.edu

 

ALUMNI

alumni@cgsot.edu 

© 2019 CGSOT